activities

現在の活動の多くは、東日本大震災により甚大な被害を受けた宮城県南三陸町への支援活動に向けています。KIBOU311の活動は南三陸町の方々に協力し、雇用プログラムを発展させたり、地域産業の活性化に貢献することを目的としています。

activities01:SAKURA PROJECTS

SAKURA PROJECTは、津波により、多くの木々が流されてしまった地域にできるだけ多くの桜を植樹するプロジェクトです。5年の桜の苗木が被災地の子供たちの手で植樹されていきます。この活動を通じて子供たちとその将来に希望をもたらしたい。それが私たちの願いです。
桜の木は成長するまでに20年の歳月を要します。子供たちはこの桜とともに育ち、多くのときを共にすることでしょう。LOOM NIPPONはいつのひか、彼らがその記憶を自分たちの子供に受け継いでくれることを祈っています。 わたしたちのゴールは3,000本の桜を植えることです。

activities02:GOCOCU PROJECTS

「GOCOCU PROJECTS」は被災地が早く以前のような五穀豊穣の土地に戻るようにと祈る気持ちを、わたしたちが普段の生活の中で忘れずにいるために、オリジナルの日本酒を創り、多くの方に提供しようというプロジェクトです。仙台の酒蔵、阿部勘酒造店の協力を得て2012年中に発売する予定です。「護国」と「四方櫻(よもさくら)」の2つのブランドを発売します。「護国」は郷土愛を、「四方櫻」は明治天皇御製「たかどのの 窓てふ窓を 開けさせて 四方の櫻の さかりをぞみる」からいただき東北地方に桜をたくさん咲かせたいという思いを込めての命名です。

activities03:LOOM BAG PROJECTS

LOOMは、南三陸町の新たな地場産業復興のPRODUCTを企画します。その第一弾として、七夕祭りをテーマとし南三陸町で織り込んだバッグを都内有名専門店から9月に発売する予定です。
「3月11日の夜、津波が治まり電気も消えた真っ暗な中、夕方降っていた雪もやみ、空に星が輝いて見えました。その夜迎えを待ちながら学校にいた 子供たちの印象に強くのっこているのが輝いていた星です。子供たちだけでなく多くの人々が星に願いを込め、家族、そして愛している人や友人たちの 無事を願い、再会を祈ったことでしょう。」
仙台の星祭りは日本3大祭りのひとつ。七夕は織姫と彦星が会える日…そして織姫も彦星も白く輝く星です。
BAGの織の中の2本の白いラインの輝きが東北の方々の復興への願いと希望につながるようデザインされました。

(c) LOOM NIPPON. photo by Alfie Goodric, Creative Director/ Yoshi Takeuchi , Design & Production/ QUALLIA inc.
  • いいね!